Now Loading...

Now Loading...

ヒアルロン酸注入:30代女性、左のほうれい線

30代女性の方のモニター様です。「左のほうれい線が気になります。」とのご相談をいただきました。

施術内容は「ヒアルロン酸注入」を行っております。ポイントはほうれい線に直接注入するのではなく、頬の皮膚を上に持ち上げるための「リフトアップ注入法」を行うことで「間接的」にほうれい線を改善させることにあります。

リフトアップ注入法とは?

頬の上部に自然な形でボリュームを補うことにより、法令線あたりの皮膚をリフトアップさせる効果を狙う解剖学的、審美的に理にかなった注入法です。

リフトアップ注入法のメリット

⑴顔の重心が上に戻るため本質的に若返った見た目となる。(加齢が進むごとに顔のボリュームゾーンが下部に移動していく、いわゆるブルドッグ現象)

⑵ほうれい線にもたつきが出ないため自然である。

主にこの二つです。

施術時間は約10分。直後は針の刺入部がやや目立つ場合がありますが、通常はメイクで隠すことができるレベルであり、翌日からお仕事をされる方がほとんどです。

今回のモニター様はアラガン社製のVOLIFT,VOLUMAを合わせて2本使用しております。

施術時間は約10~15分、効果持続期間は1年半~2年(米国アラガン社製)、または約1年(韓国のMedytox社製)となります。

法令線やゴルゴ線、目の下のくぼみなどでお悩みの方はヒアルロン酸注入の技術力に自信のある札幌クララ美容皮膚科までお気軽にご相談ください。

ヒアルロン酸注入の詳細や料金はこちら→メニュー