Voice
 症例写真

スマートソニック症例2 痩けた頬を改善しフェイスラインのたるみを解消

2017.12.04 (月)


本日のスマートソニックダブル(顔)の症例写真です。お客様は37歳女性で、加齢とともに頬が以前よりもこけてきている、またあご周り、フェイスラインのたるみを気にされて当院にいらっしゃいました。
このような変化は30代を過ぎた方にはほぼ例外なく起こる加齢変化です。
原因は
⑴頬の脂肪が加齢とともに下がってきてしまっている。
⑵フェイスライン、あご下の皮膚とSMASと呼ばれる筋膜が伸びてきている。
この二つが主な理由です。
改善方法としてはいくつかあります。
⑴痩けたほほに自己脂肪などを注入し膨らませる。→膨らませるには良い方法ですが皮膚のたるみは改善できません。また思わぬ膨らみ方をしてしまったり、注入の針穴の痕が残ったりとリスクはあります。
⑵糸によるリフトアップ→手術ほどではないですが、はっきりとした効果が出るのがメリットです。ただあくまで糸で一時的に引き上げているに過ぎず、異物によるツッパリ感が出たり、不自然な仕上がりになってしまったりするリスクがあります。
⑶リフトアップレーザー(HIFU)によるリフトアップ
これが最も安全に自然な若返り効果を得ることができます。具体的には①リフトアップ効果②頬の痩けの改善効果、③フェイスラインの小顔効果です。
理由としては針やメスを一切使わず、糸などの異物を一切使用せず、自分の皮膚のコラーゲン再生能力、皮膚の収縮力によってリフトアップさせるからです。
当院ではスマートソニックと呼ばれる最新式の医療機器を使用しております。これはHIFU(ハイフ)と呼ばれる超音波を1点に集中させて正確に加熱する仕組みを利用しています。

同様の仕組みを利用した機械ではウルセラやダブロといったマシンも有名です。
要するに糸で引き上げたり、メスで切ったり「若返ったように見える」のではなく自分の組織を本当に若返らせるという施術です。しかし施術にはコツが必要であることも事実です。

この写真では少し見えにくいですが、施術前にたるみや凹みを効果的に改善させれるようデザインを行います。注意ですが、「単純に凹みを照射する」や「顔周りのたるみを念入りに照射する」のではほとんど満足いく効果は得られません。逆に悪化させてしまう可能性もあります。
解剖学的な話になってしまうので割愛しますが、リガメントと呼ばれる顔の皮膚を支えている筋肉やSMASの解剖学的構造を理解した上で照射パワーや深さを適切に設定することが大切です。
下のイラストがリガメントと呼ばれる顔の皮膚を骨に繋げている組織です。このリガメントのうちどこがどれだけ伸びているかを把握して施術を行います。ここが一番重要です。

今回のスマートソニックについて簡単にまとめておきます。
⑴施術時間は約1時間:30分くらいで終わらせるクリニックもあるかと思いますが、上述のように施術前のデザインや効果を見ながらの照射で当院では少々長めにお時間をいただいております。
⑵腫れなどの副作用について:一切ありません。針などは一切使用しない施術ですので安全です。
⑶痛みについて:個人差があります。ジリジリと加熱される弱い痛みが皮膚深くに感じます。今回の方はほぼ無痛とおっしゃっておりました。
⑷効果について:直後から得られます。これはSMAS筋膜が加熱により縮むことによります。そして1〜2ヶ月かけながらさらに引き上がります。コラーゲンが再生されることによります。効果の持続は通常約1年〜2年です。
⑸料金について:スマートソニックダブル顔 通常料金148,000円→49,800円(モニター料金、12月末まで限定5名様)
その他の症例写真はこちら→リフトアップレーザー症例1

今月のキャンペーン詳細はこちら

あなたにオススメ記事

Campaign
今月のキャンペーン

  • パーフェクトビューティーを目指すなら!

    全身+顔

    3回コース
    105,000
    6回コース
    204,000
    1回コース
    37,000

    詳細をみる

  • デリケートゾーンの脱毛は今や常識に!

    全身+VIO

    3回コース
    105,000
    6回コース
    204,000
    1回コース
    37,000

    詳細をみる

  • 見せる部位だけパーフェクトに脱毛!

    手足セット脱毛

    3回コース
    72,000
    6回コース
    133,000
    1回コース
    26,000

    詳細をみる

その他メニュー

メンズ脱毛